当サイトの履歴

2006

・第三回LWD犬との暮らしのセミナーの開催。
・STAY WITH DOG の登録宿数が、1800軒を超え、国内最大級の犬同伴可の宿検索サイトとなる。クーポンの開始。

2005

・サイトの基盤としてXOOPS(ズープス)を採用してサイト・リニューアルを行い、犬との暮らしのコミュニティーサイトとして再出発。
・STAY WITH DOG にこだわり検索機能追加。
・犬同伴可のカフェ/レストラン検索を設置。
・第二回LWD犬との暮らしのセミナー (LIVING WITH DOGS 10周年記念セミナー 「犬との暮らし、そして愛犬の健康を願って」)の開催。

2004

・小林信美の海外情報のカテゴリーを追加。
・Amazon.co.jpと提携し、犬との暮らしの本をデータベース化し検索の便宜を図る。
・日本の犬を取り巻く社会に一歩一歩地道に草の根の活動をされていらっしゃるショップ様を応援するため、犬との暮らしのLWD:アイテムショップデータベースに登録されているショップ様から地域のショップ活動レポートを掲載開始。
・LWD犬との暮らしのセミナーの発表。第1回は東京で開催。
・LIVING WITH DOGS の宿/旅/山歩きと自然保護カテゴリーを STAY WITH DOG サイトに独立し、より専門性を追求。

2003

・犬との暮らしのコミュニティーとして掲示板群を設置。
・生体展示販売を行っているペットショップへの不買運動のためのオピニオンバナーの配布開始。
・犬との暮らしのセミナーカテゴリーを開始。セミナー告知を一般公募開始。
・犬との暮らしのLWD:アイテムショップデータベースを設置。
・バリューコマース社他のアフィリエイトプログラムを開始。
・VET Yumiのセカンドオピニオン掲示板を開始。

2002

・山歩きと自然保護のカテゴリーを追加。
・ペット同伴の宿泊施設データベースであるLWD:Stayデータベースを設置。マナーとルールのページへリンクしていただくことで、宿泊施設の無料掲載開始。
・菊地三恵さんのe-ペットカウンセリング掲示板運用開始。
・小野千穂さんのドッグエッセイ掲載開始。
2001

・動物愛護の観点からテーマパーク取材。
・楽天ブックスと提携し、LIVING WITH DOGS 楽天ブックスを開始。犬との暮らしの本のカテゴリーを充実。

2000

・コラム、ヒーリング、グッバイマイフレンド、障害犬との暮らしのカテゴリーを追加。・「日本の犬社会」を語りあうため、年末に期間を決めてフォーラムを10日間ほど開催。・ワーキングドッグとしての猟犬を考えるのカテゴリーを追加

1999

・犬との生活情報のカテゴリーを追加。
・稲葉忠雄さんのある老犬との暮らしを掲載開始。
・延べ540人以上のメンバーが参加し、21,000通以上の投稿があったLIVEDOG(リブドッグ)メーリングリストを終了。

1998

・犬との遊びのカテゴリーを追加。
・RSPCAを取材。

1997

・災害救助犬の取材を始める。
・LIVING WITH DOGS メーリングリスト(LIVEDOG-ML)を開設。犬との暮らしの全てのテーマを扱う総合的なメーリングリスト。異論反論を歓迎するメーリングリストで活発な議論が展開された。
・犬連れ旅行、犬と一緒にレストランへ行こうなど体験取材を基に掲載。
・犬連れレストラン体験会の開催。

1996

・全ての犬と人の共存をテーマとしたサイトを開設。サイト名は英語で「LIVING WITH DOGS」、日本語で「リビング・ウィズ・ドッグズ」、Webアドレスは、http://living-with-dogs.com/ で、ドッグランの記事から始まった。

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ